エクスペディアで最も人気な宿泊先は新宿!




エクスペディア・アワード 2015

2015年3月24日にエクスペディア・アワード 2015が行われました。

このアワード式は、訪日する外国人観光客を多く招待したホテルに対して表彰するものです。

表彰結果は以下の通りです。

1位:ホテルサンルートプラザ新宿
2位:新宿グランベルホテル
3位:新宿ワシントンホテル
4位:京王プラザホテル東京(新宿)
5位:ホテルモントレグラスミア大阪
6位:ホテル日航東京成田
7位:新宿プリンスホテル
8位:品川プリンスホテル
9位:新宿区役所前カプセルホテル
10位:ホテル日航関西空港

これを見ると、やはり「新宿」の人気が高いですね。

もちろん、各ホテルが外国人を招待するために、さまざまな来客工夫をしています。

ネット広告であったり、受付サービスであったり、ホテル側のホスピタリティも関係しています。

それでも一つ言えることは、大体人気があるところに次の外国人観光客が来ます。

「新宿」は外国人にとって一番メジャーなエリアとなっているので、

外国人向けの商売をするなら、新宿が良いでしょう。

国別、宿泊先人気エリア

【アメリカ】
1位:新宿(24%)
2位:銀座(12%)
3位:東京(9%)
4位:渋谷(8%)
5位:赤坂(8%)

【オーストラリア】
1位:新宿(39%)
2位:銀座(10%)
3位:渋谷(8%)
4位:東京(8%)
5位:赤坂(6%)

【イギリス】
1位:新宿(29%)
2位:東京(10%)
3位:銀座(10%)
4位:赤坂(8%)
5位:渋谷(7%)

【フランス】
1位:新宿(22%)
2位:東京(12%)
3位:銀座(11%)
4位:浅草(9%)
5位:赤坂(7%)

【韓国】
1位:新宿(25%)
2位:東京(10%)
3位:銀座(8%)
4位:上野(7%)
5位:浅草(7%)

【香港】
1位:新宿(42%)
2位:池袋(10%)
3位:東京(8%)
4位:浅草(6%)
5位:銀座(6%)

【タイ】
1位:新宿(34%)
2位:上野(16%)
3位:浅草(12%)
4位:東京(9%)
5位:池袋(6%)

【台湾】
1位:新宿(30%)
2位:東京(14%)
3位:浅草(12%)
4位:上野(9%)
5位:銀座(8%)

まとめ

今回はエクスペディア・アワード 2015の表彰データを参考にし、エリア分析をしみました。

「新宿」はどの国においても人気でした。パーセント数字をみても他エリアを寄せ付けない程の数字です。

同じく東京西側に位置する「渋谷」は大都市の割には、人気が薄いです。

「池袋」は最近では、アジア圏の方が多く集まります。

「赤坂」「銀座」は欧米人に人気です。

「東京」は新宿に比べると人数は少ないですが、世界から多く観光客が集まります。

「上野」はアジア圏の方から人気で、「浅草」は雷門・寺社などがあり伝統を見たい観光客が集まります。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。