東京・大阪でビジネスホテルが取れない!?出張サラリーマンも困っている宿泊事情・・・




現在サラリーマンの中では、東京と大阪でビジネスホテルが取れません。。。

理由は、円安のために大量に流入している外国人観光客の影響です。

まさかここまで取れないか・・・と言うぐらいです。

去年や一昨年では、普通に1日前、2日前に予約すれば取れていたものの、

現在は1週間前や2週間前に予約しないと部屋が取れません。

観光庁の調べによると、

現在、東京の客室稼働率は80%を超えているそうです。

4年前は、約70%程度でした。

また、ホテルの宿泊料金も高騰しています。

それが顕著なアパホテルでは、平日通常7,000円で泊まれるところが、1万円に上がっている日がありますし、

東横イン、ルートインでも値上げが行われています。

まあ、需要が増えれば当然値上げされるのは致し方ないですが、

これから2020年のオリンピックにかけて外国人観光客がもっと増え、ビジネスホテルがもっと取れなくなったら、

サラリーマンはどこに泊まればよいのでしょうか。

基本的に、サラリーマンの出張費は1泊、6,000円〜9,000円ぐらいでしょうか。(いろんなサラリーマンに聞いたところ)

今後増える外国人観光客の影響でビジネスホテルはもっと予約が取りにくくなり、

かつ

宿泊料金も上がっていくでしょう。

ビジネスホテルは高い料金で泊まってくれる外国人観光客を優先するでしょうし。

すると、さらにサラリーマンは泊まる所がなくなりますね。

やはり、airbnbを活用するしか他有りません。

ビジネスホテルは簡単に部屋数を増やせませんが、airbnbなら可能ですよね。

また、airbnbは出張旅行プログラムといったサービスを開始しています。

■出張旅行プログラムとは?

参加企業の社員がAirbnbの宿泊にかかる出張経費をAirbnbのプラットフォームから直に支払ったり、経費請求したりできるシステムです。

なので、airbnbも今後出張者に注目しています。

今後、airbnbと出張者の関係をよく見ていく必要がありますね。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。