Airbnbブログで「空き家問題」を考える! 現状・内訳・原因とは?




今、日本には空き家が820万戸あり、空き家率は実に13.5%に上ります。

大体、7軒に1軒が空き家です(総務省「平成25年住宅・土地統計調査」)。

不動産大家様に聞くところ、空き家に悩んでいる方は多いです。

Airbnbブログはairbnbを活用することで、空き家の利活用をサポート、アドバイスする役割を担えるのではないかと考えています。

空き家問題の現状を把握する

2013年の空き家数は全国で820万戸、空き家率は13.5%と過去最高を記録しました。(総務省「平成25年住宅・土地統計調査(速報)」より)

空き家の種類には、次の4つがあります。

「売却用」「賃貸用」「二次的住宅(別荘等)」「その他」

この4つの内問題なのは、「その他」です。

「その他」は、売却や賃借を考えずにそのまま放置している空き家のことです。

両親が亡くなり実家に誰も住まず放置されているケースが多いです。

実際に誰も住んでいなくとも、空き家を管理できていれば問題はないですが、

放置しっぱなしで崩壊したり、火事や泥棒、ゴミなどが放置され不衛生になる恐れがあります。

まさにこれが空き家問題です。

空き家の内訳

また、空き家全体に占める「その他」の空き家の割合は増加しています。

2008年:35%
2013年:39%

地域別に見ると、

3大都市圏:31%。
3大都市圏以外:46%

3大都市圏以外が大きく増加していることが分かります。


都道府県別 空き家率

下の図のように、過疎化が進む九州や四国、中国地方が空き家率が高いです。

反対に、都心部の空き家率は低いですが、そこには問題があります。

基本的に、都心部には土地面積に余裕がなく密集して建屋が建っています。そのせいで、1件でも空き家になった場合、近隣への影響は地方より大きくなります。


空き家の原因

空き家問題が増加している原因は次のような背景があります。

①人口減少
②核家族化により不動産の引き継ぎができていない
③売却や賃借を行いたいが、立地や土地面積など土地オーナーが有利に活用できない
④放置されている空き家を取り壊し更地にすると固定資産税が上がる。土地オーナーは壊さずに節税したい

などがある。

空き家はまだまだ増加を続けていく可能性が高いです。

まずは2010年のオリンピックを控え不動産物件は増えます。

空き家の放置問題がこのままであれば、2030年頃には空き家率は25%近くに達する意見もあります。

※上記図の引用:総務省より














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。