ゲスト返金ポリシーとは?失敗しないairbnb運営のオキテ




airbnbホストは、リスティングに嘘を書いてはいけません。

もし、リスティングに実際の部屋と違ったことが記載されていた場合、宿泊料金を返金しなければなりません。

このゲストへの返金に関することを「ゲスト返金ポリシー」と言います。

たとえば、

必ずなければならないベッドがないとか。。

とても汚い部屋だったとか。。

そもそもこれは詐欺だなって感じだったら、必ずゲスト返金ポリシーの対象になるでしょう。

ゲスト返金ポリシーの具体例

では実際にゲスト返金ポリシーの具体例を見ていきましょう。

下記はairbnbで実際に記載されている例です。

・サイト上のリスティングのお部屋の説明、アメニティ・設備、写真のページで約束されている設備がない。

・部屋のタイプが予約したものと異なっている。

・ベッドルームやバスルームの数が予約したリスティングと異なっている。

・物件そのものや、所在地が予約したリスティングと異なっている。

・予約した人数分の清潔な寝具やタオルが準備されていない(ホストがリネン類は提供していないことを明確に示した場合を除く)。

・リスティングが不衛生、安全でない、ゲストの健康を害する危険性がある。

・予約をする前に告知されていない動物がいる。

まとめ

ゲストがこれら具体例の対象になっていると思ったら、

ゲストは24時間以内にairbnbへ通報すると、返金が可能になります。

ホストの方はくれぐれもゲスト返金ポリシーに接触しないように、リスティングに虚偽の記載をせず、部屋を清潔に保ちましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。