今後、沖縄が部屋貸し激戦区になる可能性あり!リゾート沖縄の国家戦略特区




沖縄が部屋貸し激戦区となる

沖縄が今注目されています。

リゾート用の空き家を貸し出すビジネスは、アメリカではホームアウェイが有名です。

airbnbもリゾート用の空き家の貸し出しビジネスを押し進めていく予定です。

そのような中、日本でもリゾート沖縄で空き家を旅行客に貸し出すビジネスをはじめる会社が出てきました。

ホストの皆さんからすれば、今後沖縄はライバルが多くなること間違いないでしょう。

大京穴吹不動産とかりゆしとは?

この度、「大京穴吹不動産」と「かりゆし」が、沖縄でリゾート部屋貸しで共同運営を行います。

大京穴吹不動産は、沖縄でホテル形式に部屋を貸し出しする「大京バケーションレンタル事業」をはじめました。

大京穴吹不動産は、分譲マンションの空き部屋をオーナーからサブリースします。契約形態は、一時貸しの定期借家契約。

また、かりゆしは沖縄県でホテル事業を経営し、オーナーの変わりに宿泊客を集客する「かりゆしコンドミニアムリゾート事業」をはじめました。

空き物件や、マンション、アパート、ビルなど、建物のオーナーが旅館業の営業許可を取得し、かりゆしが販売代理者として部屋を販売する事業となっています。

そんな両者が、沖縄の国家戦略特区で共にリゾート部屋貸しビジネスを運営します。

大京穴吹不動産は不動産管理ノウハウに長けており、かりゆしはリゾートホテル運営ノウハウに長けています。

それぞれの強みを生かしながら組み合わせることで、リゾートの沖縄で空き家を7泊以上貸す不動産ビジネスを両者は強く進めていく様子です。

まとめ

このように、部屋貸しビジネスは今後も増えていくでしょう。

増えていくにつれてライバルも多くなるので、早めに部屋貸し運営をはじめた方が利益を生みやすくなります。

ノウハウや複数の物件の確保、検索時の上位表示など、経験と実績がものを言うようになります。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。