事前承認とは?ほかにゲストへの承認方法はある?




airbnbの事前承認システムについて学習していきましょう。

事前承認ができるときっていつ?とか、事前承認以外に選択肢はあるの?など説明していきます。

事前承認とは?

簡単に言うと、事前承認とは問い合わせをしてきたゲストに対して、ホストが問い合わせをしてきた時点で宿泊の許可を与えることです。

事前承認をした場合でも、自分のカレンダーはゲストの予約確定までその日付けは埋まりません。

なので、複数のゲストに対して、同日に事前承認を与えることができます。

また、ゲストが予約確定できるのはホストから事前承認をもらってから24時間以内です。24時間を過ぎると通常の承認が必要になります。

事前承認以外にどんな選択肢があるの?

ゲストから予約の問い合わせが入るタイミングで、ホストは4つの選択肢があります。

①事前承認
②スペシャルオファー
③宿泊却下
④返信のみ

①事前承認は先ほど説明した通りです。その他の方法として、②スペシャルオファーをゲストへ出すことができます。

また、③宿泊却下してもいいですし、④返信のみで様子を見てもいいでしょう。

ゲストに対して、4つの選択肢から選んで回答してあげましょう。

まとめ

ゲストから問い合わせが来たら、事前承認をするかどうか考えてみましょう。

信用できそうなゲストだったら、事前承認やスペシャルオファーをしてみましょう。

信用出来ないゲストだったら、まずは返信のみをしてみて様子を見て下さい。その後、何かおかしいなと思ったら却下しましょう。

信用できるか出来ないかの判断は、「airbnbで泊めていい人、ダメな人。トラブルを抱えていそうなゲストまとめ」を参考にしてください。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。