airbnbで泊めていい人、ダメな人。トラブルを抱えていそうなゲストまとめ




airbnbは現在世界中で多くの人々に使用されています。

その中には変わった人もいます。

さらにトラブルを巻き起こすゲストもいます。

そんな泊めたくないゲストはできるだけ避けたいですよね。

なので泊めてもいいゲスト、泊めてはいけないゲストを見極められるようにしましょう。

そのためにリストを作りました。参考にしてください。

airbnbで泊めていい人、ダメな人

airbnbでは、世界中の人と交流できるのがメリットです。

ですが、中にはできるだけ関わりたくない人もいます。

そんな泊めてはいけない人の例をご紹介します。

泊めてはいけない人

ID認証がない

airbnbではID認証システムを行っています。

ゲストもホストもIDでの認証システムがあります。

なかったとしてもゲストとして予約することはできます。

ですが、その場合リスクも伴います。

できるだけID認証を済ませていない人は避けるのが無難です。

顔写真がない

そのほかにもairbnbでは顔写真の登録ができます。

それによって予約の時点で相手の顔を知ることができるのです。

顔写真を隠していることも不安の一つとなります。

ゲストの過去の口コミを確認する

ゲストは登録制で、過去の口コミを確認することができます。

もしそこで悪いことばかり書いているようなら、避けたほうがいいでしょう。

ゲストの評価、レビューもあるので確認しておくべきです。

事前のメッセージのやり取り

ゲストから予約が入ったとき、メッセージのやり取りができます。

部屋の詳細などを伝えることが主目的です。

ですが、その中で怪しい点や不自然なことがないかどうかしっかり確認します。

直接のやり取りですから大切なポイントです。

もし何か不自然なところがあれば避けてください。

泊めていい人

泊めてもいい人というのは、泊めてはいけない人以外です。

上記に書いたような条件をクリアしている人なら概ね信頼して泊めていいと思います。持論ですが。

まとめ

特に初めてairbnbでホストをする場合、変な人が来たらどうしようと不安になります。

ですが、airbnbではそのような事態を避けるためのシステムがあります。

ID認証や、口コミなどをきちんと確認してゲストを確認するようにしましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。