【airbnbのデメリット】上手に物件運用するためのairbnbノウハウ






airbnbにはデメリットもあります。

始める前にきちんと知っておきましょう。

今回はデメリットについてまとめます。

airbnbのデメリット

airbnbは最近注目のサイトですが、メリットだけではありません。

どんなデメリットがあるか把握するべきです。

きちんと確認してからairbnbホストを始めましょう。

airbnbは違法?

airbnbは違法なのではないかという議論があります。

日本国内の話ですが、日本には旅館法という法律があります。

衛生上の観点から、観光客を泊める場合には都道府県に届け出が必要なのです。

この法律にairbnbのシステムは抵触しているのではないかという意見があります。しかしながら、現在は摘発されたケースはなく、今後政府も外国人を多く日本に招くためairbnbをわざわざ摘発するような動きはしないでしょう。

とはいえ、今後実際に違法と判断された場合には罰金の可能性があります。

airbnbもだまってはいないでしょうが、リスクもなきにしもあらずということは知っておいて欲しいです。

大家さんとの問題

airbnbで賃貸マンションやアパートを貸す場合に起きるデメリットです。

賃貸を貸す場合には大家さんに事前に説明する必要があります。

その説明が不十分だったりするとトラブルの元になります。すぐに退去命令が出されれば、たとえ予約が埋まっていても出て行くしかありません。キャンセル料金も支払う必要もでてきます。

最悪の場合を想定すると、訴えられることもあります。

なので、事前に大家さんに承諾を得てからairbnbをスタートすることが望ましいでしょう。

ゲストとのトラブル

さらにデメリットとして自分のうちを貸す場合には、ゲストとのトラブルが起こる可能性があります。

保証制度があるので損害などは請求することができますが、部屋を汚されたり、近隣に迷惑をかけられたりなどの損害はなるべく避けたいところです。

損害の他にも、予約があったのに来ない、支払った金額よりも多い人数が泊まっていたなどのトラブルもよく聞きますので、注意しながら運営することが必要です。

まとめ

airbnbは、空いている部屋を活用してお金を稼ぐことができる画期的なシステムです。

世界的にairbnbが注目されているので、世界ではホストをこれから始められる方が多いです。

日本では、今後オリンピックを控え外国人を多く招きたいのが政府の考えです。airbnbはそんな日本政府の考えにマッチしています。なので、いま日本でホストを始めようとしている方が多く、市場的に盛り上がっています。

ですが、始める前にはデメリットがあることを知っておくべきです。

知らずにいると思わぬ損害を被るかもしれません。

リスクを回避するためにもデメリットを知り、ホスティングをスタートさせましょう。














1 個のコメント

  • ブログ管理人者様、いつもブログ、参考にさせていただいております。
    私は現在、新宿に1件、渋谷に1件airbnbで運用しており、物件の増加を検討しております。
    つきましては、ブログ管理人者様にairbnbコンサルティングを頼みたいと思っております。また、ブログ管理人者様に運用代行を依頼したいのですが、清掃の方は自分で切り盛りしていく予定のため、お問い合わせ対応、メッセージ返信の代行を頼みたいと考えております。
    もし、ブログ管理人者様がそういった対応をしていらっしゃらないのであれば、管理人者様のご存知の範囲で構わないので信頼できる運用代行またはメール対応をしている会社などを教えてもらえないでしょうか。
    ご連絡お待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。