失敗したくない!airbnb投資の3つのリスク




簡単にできて副業にもなるairbnbですが、

airbnbのホストをするにはもちろんリスクもあります。

成功するためにはリスク管理も大切です。

そのためにどんなリスクがあるのか見ておきましょう。

airbnbでホストをやる上でのリスクをご紹介します。

大きなリスクは3つ

ホストをやる上で必ず知っておくべきリスクが3つあります。

一つずつ確認しましょう。

リスク① 不動産探し

このリスクは一番初めに降りかかる問題です。

airbnbで自分が購入している部屋、あるいは家を貸す場合には問題無いことです。

しかし、多くのホストは賃貸物件を貸すことになると思います。

その場合、大家さんにしっかりと許可を取らなければなりません。

airbnbで人に貸すことを説明し、納得してもらいます。

ここで納得してもらえなければ新たな物件を探すしかありません。

賃貸物件を勝手に人に貸すのは法律違反です。

大家さんが許可しても、その旨を周りの住民にも理解してもらう必要があります。

騒音、見知らぬ人の出入りなどでトラブルになるケースもあります。

リスク② 法的問題

これはairbnbの最大の壁であり、最大のリスクです。

みなさんは旅館法をご存知でしょうか。

旅館、ホテルなど宿泊施設が遵守すべき法のことです。

これによると、宿泊施設の場合には都道府県への届け出が必要とされています。

airbnbのシステムはこの旅館法に触れているのではないかという意見があるのです。

これは意見が分かれるところですのではっきりとは言えません。今はグレーゾーンなのです。

また、現在2020年の東京オリンピックに向けた国家戦略特別区域法という旅館法の規制緩和が検討されています。

背景として、日本は東京オリンピックに向けて外国人の観光客を増やしたいのが狙いです。

今後、旅館法の壁がなくなるのも近いと言えます。状況を常に把握し、先手先手を打ちましょう。

リスク③ ゲストとのトラブル

こちらはもっと身近なリスクです。airbnbを始めると様々な人と関わることになります。

ゲストには様々な人がいます。

中には初めから部屋を荒らすつもりの人もいます。

そのような人を避けるようにあらかじめゲストとコミュニケーションを取ったり、保証金を設定したりと後でトラブルにならないように事前に策を打ちましょう。

まとめ

airbnbは儲けるメリットもありますが、当然リスクもあります。

ですが、リスクを把握しておけば回避できます。

airbnbの運営方法を学びつつ、リスクを回避しながら楽しくホスティングをしましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。