【重要】儲けるための宿泊料金・価格戦略




airbnbでホストを始めるときに悩むのが価格設定です。

あまりに高いとゲストが来ませんし、安すぎると儲かりません。

何を基準にして設定するのがいいのでしょうか。

airbnbで宿泊料金設定をするポイント

airbnbでホストをするなら必ずするのが宿泊料金の設定です。

そのためにはいくつかのポイントがあります。

ぜひ参考にしてください。

部屋の相場

まずは自分の部屋の相場を見てみましょう。

airbnbでは住所、部屋のタイプを記入するとその場で相場を出してくれます。

自分の部屋の条件ならどれくらいの料金になるのかが一目でわかります。

それを参考にしましょう。

また付近にホテルがある場合にはその料金も調べてくと良いです。

部屋の用意にかかる費用

次に部屋を用意するのにかかる費用を計算しましょう。

これは必ず必要なものだけにします。

例えばアメニティなどは後から余裕があれば買い足せます。

とりあえず、寝具、トイレットペーパーなどの必ず用意するものを確認します。

家賃が必要であればそれも足しましょう。

これら費用と先ほどの部屋の相場を見比べて、もし必要な経費が下回っていればそれで問題ありません。

しかし、もし上回っているようであれば、何かを削るか、料金設定を少し高くする必要があります。

あまりにもかけ離れている場合、根本的に場所を見直す必要があります。

繁忙期、閑散期

次にその部屋の繁忙期、閑散期を考えてみましょう。

一般的に1月から3月にかけては観光客が減ります。

逆に7月から9月にかけては観光客が増えるシーズンです。

このような変動も予測して繁忙期には値段を上げて、

閑散期には割引を行うというサービスも必要です。

まとめ

このようにairbnbで宿泊料金を設定するには、いくつかのポイントがあります。

それらを考えていけば、これだけは儲けなければ稼ぎにならないというポイントも見つかります。

月ごとの最低目標を決めておくと、わかりやすいです。

はじめに月々何人のゲストが来たら黒字になる、何ヶ月後に元が取れる、ということがわかるようにしましょう。

そうすれば、airbnbの運営もしやすくなります。

きちんと料金設定をして、儲かるようにしましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。