【airbnb許可物件の仕入れ方】大家さんに許可をとるには?





airbnbホストを始めるときに必要なのは、「airbnb可能な部屋」です。

家やマンションを購入し持っている方なら問題ありません。

しかし、賃貸の場合には大家さんに許可を取る必要があります。

これを怠ると、後でばれたときに退去命令や契約違反で罰金を払う可能性あがります。

まずは、どうやって大家さんの許可を取るのか確認しましょう。

大家さんに許可を取ろう

大家さんに許可を取るためにどうすればいいのかその方法をまとめました。

事前の説明

物件を探して新しく借りてairbnbを始める場合には、

必ず大家さんに相談しましょう。

大抵の場合、又貸し不可という規約がありますが、

黙って借りてバレてからでは遅いのです。

数ヶ月後までの予約がすべてパーになる可能性も・・・

まずはairbnbを始めていいかしっかりと確認し

それで許可が取れたらOKですね。

ですが日本の場合、

大家さんや不動産管理会社から許可を取れる物件はなかなかありません。

根気よくいろいろなアパートを探してみましょう。

現在借りている物件でairbnbを始める場合

今借りている賃貸物件を使って、airbnbを始める場合には

必ずairbnbを始める前に大家さんに相談します。

airbnbの確認をとり、納得してもらいましょう。

納得してもらえなければやらない方が無難です。

無理に始めて後でトラブルになったら大変です。退去命令が下れば最悪ですからね。

もしダメであれば他の物件を探すようにしましょう。

説明のコツ

airbnbのことを説明するときにちょっとしたコツがあります。

まず「貸す」というワードを使わないようにしましょう。

又貸しを連想してしまうので、2,3日他の人を泊めることになる、などと言うと安心できます。

また、こちらが一方的に条件を述べるだけでなく大家さんの条件も聞きましょう。

例えば、騒音を出さない、必ず部屋の原状回復を行うなどの約束を決めると許可してもらいやすいです。

まとめ

airbnbというシステム自体が日本ではまだまだ認知度が低く、

大家さんや不動産管理会社に理解されにくいのが事実です。

普段起こらないトラブルや苦情が出てきますからね。外国人の出入りが多いとか、騒音とか。。。

airbnbブログでは、なかなか手に入らないairbnb可能な賃貸物件をご紹介しております!

現在、airbnb可能な賃貸物件で悩んでいる方はぜひご覧になってください。

bukkenkaishi














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。