ドル建て?円建て?判断する理由を教えて!ゲストのニーズを考える




exchange-rate-vector-4088

airbnbで宿泊料金を設定するときにドル建て、円建て、どちらを選択してますか?

どちらにせよメリット、デメリットがありますので、決める前に選択の理由を固めましょう。

ドル建て と 円建て

ドル建てにするべきか、円建てにするべきか、どちらかに選択する理由があります。

今回は、建値をどんなポイントで決めたらいいのか、まとめました。

ドル建ての場合

ドル建てのメリットは、海外から来るゲストはドルで支払いますから、海外の方から見ると支払いも簡単に思えますし、安心です。

一方でデメリットは、日本国内のお客さんの場合にはちょっと分かりづらいです。為替換算が必要ですからね。

しかし、airbnbで部屋を運営する上で、ターゲットは海外からくる外国人ゲストです。日本人への対応は然程考えないでいいでしょう。

それよりも円安になると、宿泊料金が高くなってしまうので外国人ゲストが円建ての料金設定をしているホストへ流れる恐れがあります。

為替の動きに注意して値段を定期的に見直すことが重要でしょう。周りのホストが円建て設定で予約が自分より埋まっていたら、変え時ですね。

円建ての場合

円建てにした場合、すべては円安のときのためです。

円が安くなるので、海外から来る外国人ゲストはウハウハです。ドルから円に換金して、ドル支払いより安く泊まることができますから。

ターゲットを絞る

為替のこともありますが、他の視点で建値を選択することもできます。

円建てにするのか、ドル建てにするのか、決め手はターゲットを絞ることです。

海外からのゲストをたくさん呼びたいときにはドル建てにすることです。ドルの方がわかりやすいですよね。

一方で、日本人ゲストがターゲットの場合には円建てですね。

自分の部屋に泊まりに来る人たちを想定しながら決めましょう。

手数料から考える

airbnbの手数料は、ドル建てで支払うことになります。

ですから、手数料の視点から見ると、計算する上でドル建ての方がわかりやすいです。

まとめ

ドル建てにするか、円建てにするか、はほぼ為替が最大の判断基準となるでしょう。宿泊費は抑えてなんぼです。airbnbは外国人ゲストがよく利用しますから、外国人ゲスト用に為替設定判断をして下さい。

また、airbnbではいつでも料金設定を変更できます。

ドル建て、円建て、どちらかであまりゲストが来ないならすぐに変更できます。

周りのホストの設定状況も確認しながら設定してみてください。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。