airbnbで空室率を下げ、稼働率を上げるノウハウまとめ




room01

airbnbで儲けるためには「空室率を下げ、稼働率を上げること」が重要です。

繁忙期は当然お客が多く入りますが、閑散期には予約が少なくなります。

では、コンスタントにゲストに来てもらうにはどうしたらいいでしょうか?

それにはいくつかのポイントがあります。

空室率を下げる方法

空室率を下げるにはどうしたらいいのか4つのポイントをまとめました。

1.実績を積もう

まず初めに大切なことは実績を積むことです。

実績があればあるほどゲストは信頼します。

不慣れなホストより、実績が多くあるホストの方がゲストは安心できます。

ですから、しばらくは続けることに意味があります。最低10件までは早急に実績を積みましょう。

また、ただ続けるだけでなく、口コミを増やし、ゲストとのコミュニケーションも取りましょう。

事前の連絡をすぐにしたり、その後のお礼をしたり、細かい気配りが大切です。

ただし、悪い実績が付けば、当然予約率は下がり空室率が上がります。

量と質の両方が必要です。

2.アメニティを充実させよう

次に大切なことはアメニティを充実させることです。

シャンプーやタオルなどはもちろんです。

そのほかにアイロン台を用意する、食器やグラスを置いておく、

朝のコーヒーを飲み放題にしておくなど充実させておくとゲストが集まりやすいです。

インテリアをおしゃれにするのも効果的です。

airbnbで使用している部屋の写真が最新のものか、アメニティなどの情報がきちんと書いてあるかも確認しましょう。

3.口コミを書いてもらおう

さらに大切なことは口コミです。

ゲストもホストも宿泊した後に、それぞれの評価をすることになっています。

星を付けて、コメントを残します。

この時、ホストからゲストにお礼としてコメントを残しておくと、ゲストからの評価が高くなります。

すべてはゲストからいい評価をもらい、レビューを書いてもらうためです。

その後、他のゲストはそれらレビューを見てホストの評価し、泊まるか泊まらないかを判断します。

4.wifiをつなごう

見落としがちですが大変重要なポイントです。

旅行者にとってwifiがあるかどうかというのかは極めて重要なポイントです。

出先で使えない分、泊まっている部屋でwifiを使うことができるのはありがたいのです。

または、wifiを出先で使えるようにしてあげると、なおゲストから高評価でしょう。

ですから、できる限りwifiは契約しておきましょう。

まとめ

ほかにも閑散期には値段を下げることも大切なポイントです。

上記で説明してきたことすべては、空室率を下げるためです。

ゲストにいい思いをさせ、同時にairbnb検索順位を上げるんです。

あなたの部屋がどれだけ良いかをゲストとairbnbにアピールすることがとても重要です。

アピールが認められれば、あなたの部屋は儲かることでしょう。

airbnbを始めてたなら、このポイントをおさえてください。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。