【保存版】airbnb初心者の物件の選び方





Anlagen-in-nachhaltigen-Immobilien_L

airbnbを始めるに当たり、重要なのは部屋探しです。

予約が取れて稼げそうなエリアを選択した後は、どのような物件で商売を始めるかです。

ちなみに、エリア選びの記事をまだ見ていない方はこちら

持ち家?賃貸?などポイントを解説していきます。

物件選びで大切な4つのポイント

物件選びで何がポイントなのか、どんなところに気をつけて探せばいいのか、初めての方だと難しいですよね。
今回はどんなところに気をつけて物件を選べばいいのか3つのポイントに分けてご紹介します。

ポイント① 持ち家?賃貸?

まず最初に、airbnbで物件を貸し出すときに考えるのは持ち家か賃貸かです。

既に持ち家があって、空き家だから貸し出したい人は持ち家を貸し出すべきです。

しかし、持ち家がなくairbnb用に物件を購入するのはいただけません。単なる不動産投資と同じことをするので、初期投資と購入後リスクがあります。初期投資と購入後リスクを解消できる策があれば別ですが。

では、賃貸物件はどうでしょう。

賃貸物件をairbnbで運用するときに必ず行うべきことは、大家さんから承諾を得ることです。

民法では、賃借人は賃貸人から承諾を得られなければ、物件を転貸することはできません。ばれたら、解約、罰金の対象です。

大家さんから承諾を得て、運用するのが無難でしょう。

ポイント② 粗利を考える

エリア選びの記事で、大体何日ぐらい稼働できるエリアなのかをカレンダーで調べたと思います。

仮に、20日稼働できるエリアを選択した場合、宿泊料金を1泊10,000円とします。

全てのゲストが1人で宿泊したとして、単純計算で200,000円の儲けです。ゲストは大体2人以上なので、本当はもっと儲けが大きいです。追加料金で1人5,000円を取ったとすると、ゲスト2人と仮定しても、20万x5千=10万円です。大きいですよね。

で、問題は家賃料金です。

月の儲けが200,000円だとして、賃貸する月の物件家賃を250,000円にしたら、50,000円/月の赤字です。

これならairbnbをやらない方がいいです。

でなく、しっかりと試算を行い、100,000円/月の物件を選択したら、10万円の儲けがでます。これならやるべきです。

プラス光熱費、wifiを取り入れているなら通信費がかかりますので、こちらも試算します。

必ず試算を行い、儲けられる家賃物件を選択してください。

ポイント③ 綺麗な部屋

airbnbで物件を貸し出す際、必ず写真を撮りリスティングにアップロードします。

ゲストは、最初の3枚の写真を見て大体奇麗な物件かどうかを判断します。集客に直結するわけです。

なので、部屋の内装は重要です。

汚い部屋は安くても予約が埋まりません。

物件を選ぶ際、家賃コストとの兼ね合いですが内装もこだわりましょう。

多少内装が汚くても、貼ったあと奇麗にはがせる壁紙がホームセンターにありますので、大家に許可を取らなくても安くリフォームできるグッズがあります。多少のリフォームを考え物件を選択するのも上手い手でしょう。

ポイント④ 周辺環境に気を配る

物件を選ぶ際には、周辺に何があるのかもきちんと調べておくことが大切です。

駅、コンビニ、レストラン、公園など、airbnbのガイドブックが充実するような立地に物件があれば、ゲストも喜び、もしかするとリピート客になりうるかもしれません。

まとめ

物件選びには大切なポイントがあります。それらをクリアする物件を選びましょう。

しかし、ポイントだけに縛られることなくゲストの気持ちになって、どんな部屋に泊まりたいかを考えることも大切です。

airbnbで物件を運用するにあたり物件探しは最も重要なことですから、慎重に一番納得出来る物件を選んで下さい。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。