繁忙期と閑散期で宿泊価格・料金を最適化しよう




nov-jan2012

ホテル経営では繁忙期、閑散期があります。

観光シーズンには多く人が訪れますが、他の時期は人がいないことも普通です。

では、airbnbでもそのような繁忙期、閑散期はあるのでしょうか。

また、それによってどんな違いがあるでしょうか。

今回は繁忙期、閑散期とそれに対する対策についてまとめます。

airbnbの繁忙期、閑散期

具体的に繁忙期、閑散期はいつでしょうか。

きちんと把握しておくことでairbnbでの儲けも違ってきます。

確認しておきましょう。

airbnbの繁忙期

airbnbを使用するのは短期滞在の観光客が殆どです。

ですから、観光シーズンとともに繁忙期があります。

世界的に見ると7月から9月にかけてがバカンスとかぶっていてゲストが多いです。

国内に絞ると、桜のシーズンである3月下旬から4月にかけて、

9月から11月の紅葉の季節、また年末年始が繁忙期となります。

この時期には、きちんとairbnbの自分のページを管理しておけば多くのゲストが集まります。

また、部屋のある場所によっても繁忙期があります。

近くで大きなお祭り、イベントがある場合にはその開催時期が繁忙期になります。

周辺で行われる行事などは確認しておきましょう。

airbnbの閑散期

繁忙期があるということは閑散期もあります。

だいたい、1月から2月が閑散期と言われています。

日本国内では雪も降りますし、寒くて観光客も来なくなります。

ですが、スキー場などはこの時期が繁忙期になります。

代わりに夏は閑散期です。

閑散期にはどこもゲストが少なくなります。

ゲストがいきなり減ったからといって焦ることはありません。

その分、繁忙期でカバーしましょう。

繁忙期、閑散期でとるべき対策

airbnbで効率的に収入を得るために、繁忙期と閑散期で対策をとりましょう。

一番の大きな対策は、金額設定です。

繁忙期には普段の20パーセントほど高くしてもゲストが入ってきます。

逆に閑散期には割引しないとゲストが入ってきません。

割引やキャンペーンなどでゲストを呼び込みましょう。

まとめ

airbnbにも繁忙期、閑散期があります。

上手に利用して効率良く収入を得るようにしましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。