急な出張でビジネスホテルが取れない…こんなときもairbnb(ゲスト編)




上司から急に、「明日から東京に1週間、出張に行ってきてくれ!」

こんな経験は周りにありませんか?
私には経験があります(笑)

近年、訪日観光客の急激な増加によって、東京ではビジネスホテルの空きが見つかりにくくなっています。以前なら、当日に部屋を探して、当日のチェックインも可能でしたが、現状、都心部ではかなり難しい状況です。

最近、外国人を見る機会が増えたような?

訪日観光客が、2004年には約613万人だったのに対して、2014年には約1341万人と、たった10年で2倍以上に増えています。また、2020年に東京オリンピックを控え、東京都をはじめとして、国中をあげてインバウンド戦略を掲げていますし、ここ数年で進んだ円安も追い風となっています。「爆買い」という言葉が流行語になった背景も納得です。

影響はこんなところにも

訪日観光客がビジネスホテルに宿泊することで、都心のホテルの稼働率は100%近くなっています。そのため、急な出張で、ホテルが取れないため、出張族の間でビジネスホテル難民が出現しています。そして、繁華街のカプセルホテルや、インターネットカフェでの寝泊りを余儀なくされるケースもあります。

ホテルの宿泊料の値上げの実態

観光客の増加に伴ってビジネスホテルの宿泊料金も増加傾向にあります。典型的な例がアパホテルで、1泊が2~3万円というケースすら出てきています。一般的なビジネスホテルも、ここ数年で2,000~3,000円ほど宿泊料金が値上がりしています。

ゲストとしてAirbnbを活用してみよう!

急な出張を避けられない、でも予算は抑えたい。こんなニーズはあるはずです。
そんなニーズを満たすことができるのが、airbnbだと考えます。

Airbnbといえば、外国人向けに部屋を提供するサービスというイメージが定着してきたと思いますが、日本人が利用することも可能です。
airbnbホストがリスティング用の写真を提供していますし、実際に宿泊したゲストの口コミを閲覧すれば、よほどの事がない限り、ビジネス滞在のニーズは満たされると考えられます。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。