airbnb認定スーパーホストになる方法




スーパーホストになるには、過去1年間に次の基準をクリアすることが条件となります。

・宿泊受入れ実績が最低10件
・返答率は90%以上をキープ
・受けたレビューの80%以上が5つ星評価で、泊まったゲストの半数以上がレビューを残している
・確定した予約はキャンセルせず、すべて宿泊完了まで履行した

特に申請する必要はなく、審査日に認定プログラムの合格基準をクリアすることで、自動的にスーパーホストのステータスに昇格します。

注意いただきたいことは「返信率の定義について」です。ゲストが目にするリスティングに掲載されている返信率は、対象期間が過去30日がベースとなりますが、スーパーホストの条件として適用される返信率は過去365日がベースとなります。

スーパーホストの条件を満たしたと思っても、実は満たせていなかった、なんてことにならないよう、言葉の定義に違いに十分注意してください。

また「受けたレビューの80%以上が5つ星評価」というのは、ゲストから受ける総合評価のことを指します。リスティングのレビュー欄の上に表示されるカテゴリー別評価のことではありません。

もうひとつ気をつけていただきたいのは、リスティングの一番上に記載される星の数は過去の通算レビューを四捨五入した数値であり、過去1年間の5つ星評価ではないということです。この部分に囚われてしまうと、スーパーホストの座を逃すことにつながりかねませんので注意してください。
 
 

明確な理由のあるキャンセルなら問題ない

酌量すべき事情でやむをえず行われたキャンセルは、「スーパーホスト」認定基準を満たす妨げとなるキャンセルとしてカウントされません。ただ、酌量すべき事情の認定を受けるには、キャンセル発生から2週間以内にairbnbに報告する必要がありますので、明確な理由があるケースにおいては必ず報告するようにしましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。