airbnbメール対応の際は「素早い返信」を意識しよう




当たり前ですが、素早い返信はゲストの満足度が上がり、稼働率の向上が期待できます。

またそれだけでなく、素早い返信は、airbnb内における露出量にも影響します。具体的には、返信スピードを1時間以内することで、airbnbからの評価が上がり、サイト内での露出量が増えるのです。

ちなみに返信時間として考慮されるのは「最初のやりとり」なので、「初回のメールをいかに早く返すか」に注力してください。海外との時差の関係で、あまり仕事をしたくない夜間の時間帯などに連絡が来ることがありますが、「いま、忙しいため確認し、後ほど返信します」と一通を入れておくだけ構いません。これだけで、返答率と返信時間はキープできます。どんなに忙しくても24時間は超えないようにしてください。24時間を超えてしまうと、返答率が下がってしまうためです。

ここで念のため、「返答率」と「返答時間」、それぞれの指標の定義を確認しておきましょう。
 
 

返答率とは?

返答率とは、新規問い合わせと予約リクエストに24時間以内に返事をした確率を、パーセントで表したものです。過去30日間に受けた問い合わせとリクエストを元に集計しています。

例えば、新規14本のうち12本にしか返信をしていないホストの場合、返答率は [12 ÷ 14 x 100 = 86%] となります。
 
 

返答時間とは?

返答時間とは、過去30日間に受けた全ての新規メッセージに対して、返事を出すまでにかかった平均所要時間です。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。