【ビジネスデータ分析】北海道でairbnbを運営する3つの理由





あなたは北海道が外国人に人気だと知っていましたでしょうか。

北海道が中国ドラマのロケ地になっていたり、雪の降らない台湾や香港、シンガポールの方、または季節が反対となるオーストラリアの方が北海道を目指したり、おいしい魚介類を目当てに北海道を訪れたりする外国人が年々増えています。

そこで今回は、北海道でairbnbを運営するメリットについてairbnbブログでお伝えしていきます。

都道府県別外国人宿泊数データ

以下2つのデータは、観光庁が公表している都道府県別外国人宿泊数データとなります。

▽2016年1月 冬の時期、北海道は第2位

2016年1月のデータを見ると、やはり冬の時期は北海道は大人気です。大阪・京都をおさえ第2位に位置しています。

▽2015年9月 夏の時期、北海道は第5位

2015年9月のデータを見ると、夏とあって冬の季節とは違い集客効果が減少しています。それでもリゾート沖縄と変わりない宿泊数です。

上記データの通り、北海道は季節要因は大きいですが外国人宿泊数は他県より勝るところが大きいとわかります。

大阪府と比べても賃料は安い

そのエリアを見るときに、airbnbホストとして一番気になるところは賃料相場ですよね。

東京は外国人宿泊数も圧倒的に多いですが、その分賃料も高いです。

そこでよく言われるのが、大阪府は外国人宿泊数が多い割に固定費となる賃料を安く抑えられると言われています。しかし、大阪府より1万〜3万円ほど安いのが北海道です。

大阪府の賃料相場 ※home’sより

北海道の賃料相場 ※home’sより

北海道のリスティング数は、東京・大阪の1/10程度

2016年4月のairbnbリスティング数データですが、

東京都: 16,000件程度
大阪府: 11,000件程度
北海道: 1,200件程度

となります。

東京都・大阪府では、1万件以上のリスティングがあるのに対し北海道では1千件を超えたところです。

競合が主要他県より圧倒的に少ないことがわかります。

まとめ

もし、北海道でairbnbゲストを集客できるならば、固定費を抑えて上手にairbnbを運用することができます。

理由は、上記データでお分かり頂けたと思います。

外国人宿泊者数が一定数あり、主要他県に比べ賃料相場が安く、airbnbリスティング数が主要他県より少ないことは、airbnb投資を行う上でメリットがある土地だと考えます。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。