部屋の匂い戦略で【5つ星レビューや評判・口コミ】を獲得する





人の五感を刺激する匂いは、しばしばマーケティングに利用されます。

匂いのマーケティング戦略では、売上が良くなる効果を期待しています。ブランド価値があがるような匂い戦略を行ったり、人の欲求に訴えた匂いにしたり、イヤな臭いを取り去ることをしたりします。

アメリカ ラスベガスのカジノでは、よくジャスミンやオレンジの匂いを利用しゲストをおもてなしするそうです。それらの匂いには気分を高揚させる効果があります。

エッセンシャルオイルの香りを室内に漂わせると、カジノの収入が48%も増加したとの報告結果もあるそうです。

airbnbではカジノのような匂い戦略ではなく、あなたの部屋に泊まったゲストが良いレビューや評判・口コミを返してくれるような匂い戦略を練るべきです。

部屋に入った瞬間、あなたの部屋の匂いはゲストの印象に必ず残るはずです。

airbnbでは落ち着いた匂いが効果的

airbnbを利用しあなたの部屋に訪れるゲストは、きっと空港から電車を乗り継いで、なれない道を歩いて疲れた状態でチャイムをならすでしょう。

ゲストはあなたの部屋に入った瞬間まず気になるのが、部屋の匂いです。

子供の頃友人宅に遊びに行ったときに味わう、自分の家とは違う匂いの感覚です。そして、匂いがあなたをリラックスさせることも、違和感を感じさせることもしたでしょう。

airbnbで大切なのは、なるべく違和感のないような部屋の匂いにするべきです。生活臭などの臭いがあると、ゲストは違和感を覚えるでしょう。なるべく、新鮮でリラックスできるようないい匂いでゲストを迎えることが大切です。

疲れた状態で部屋に着いたゲストをリラックスさせるためには、落ち着いた匂いがとても効果的です。ラベンダーは、安眠させたいときや深いリラックスさせたいときに効果的です。イランイランは、緊張やストレス、不安をやわらげてくれます。

匂いがいい空間とそうでない空間では、ゲストのレビューや評判・口コミも当然異なりました。

「部屋に入った瞬間いい匂いがして、とてもよかった!」

「滞在中、アロマが使えたのがとても嬉しかった!」

などのコメントも入るぐらいです。

もちろん、匂いがきつ過ぎて逆にクレームになるケースも想定できますが、それは使い方の問題です。誰もが気持ちよく過ごせるような感覚で匂わせることが大切です。

タバコの臭いはぜったいにダメ

禁煙の部屋にしているにも関わらず、平気でゲストはタバコを吸うケースがあります。

リビングに禁煙の張り紙を貼っていたら、キッチンの換気扇の下で吸っていました。確かにキッチンには張り紙をしてませんでしたが、どうしても部屋で吸ってしまうゲストも出てきます。

タバコの臭いは掃除し換気してもなかなか消えません。当日の夕方に来るゲストがいて、そのゲストが部屋がタバコ臭いとクレームになったケースもあります。

多くのゲストは、タバコ臭い部屋で過ごしたくはありません。

なので、小さな空気清浄機やアロマなどを設置するといいでしょう。

まとめ

良いレビューや評判・口コミを獲得するには、匂いに気を使うことも重要です。

いい匂いやリラックスできる匂いは、良いレビューや評判・口コミを呼び込みます。反対に、臭いにおい(生活臭やタバコ臭など)は悪いレビューや評判・口コミになります。

もしあなたが、リモートでairbnbを運営しているならば要注意です。しばしば実際に部屋を回り、部屋の匂いや衛生状況を確認することが、良いレビューや評判・口コミを得るポイントになるでしょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。