airbnbゲストの国内行動パターンを把握する [稼ぐためのairbnbホストセミナー]





観光立国日本の実現に向け、外国人観光者の誘客が盛んに叫ばれています。そのような中、airbnbホストは外国人ゲストの集客を目的にゲストの行動パターンを把握することが必要になっております。

東京首都大学の調査研究でも「訪日外国人観光客に対して適切な観光情報提供やマーケティングを行っていくためには、彼らの行動実態や関心対象を把握することが重要な課題である」と論文が書かれ、今後の訪日観光客に対するマーケティングの重要性を謳っています。

今回の稼ぐためのairbnbホストセミナーでは、外国人ゲストの国内行動パターンを観光庁の訪日外国人調査データに基づきお伝えします。

訪日前に期待していたこと

訪日前に期待していたことを複数回答で尋ねたところ、「日本食を食べること」が 69.7%と最も多かった。次いで「ショッピング」(55.3%)、「自然・景勝
地観光」(44.0%)、「繁華街の街歩き」(39.0%)、「温泉入浴」(29.8%)の順で多い。

airbnbホストに聞く情報でも、airbnbゲストはすしをどこで食べればいいのかと聞かれるケースが多いと言います。またショッピングでは新宿や渋谷、銀座など有名な街に行くケースが多いです。

訪日前に最も期待していたこと

回答で尋ねたところ、「日本食を食べること」(26.0%)、「ショッピング」(17.0%)、「自然・景勝地観光」(14.9%)、「温泉入浴」(8.2%)、「テーマパーク」(6.7%)の順となった。

これも「訪日前に来たいしていたこと」とあまり変わりません。変わったところというとテーマパークです。おそらくジブリ美術館やディズニーランドのことを指していると思われます。

今回したことと次回したいこと

今回の日本滞在中にしたことでは、「日本食を食べること」「ショッピング」「繁華街の街歩き」「自然・景勝地観光」「日本の酒を飲むこと」の順で選択率が高いい。

次回日本を訪れた時にしたいことでは、「日本食を食べること」「ショッピング」「自然・景勝地観光」「温泉入浴」「繁華街の街歩き」の順で選択率が高い。

今回したいことと次回したいことの差がないということでは、外国人ゲストの日本に対する満足度が高いことが伺えます。

今回したことの満足度

今回の日本滞在中にしたことの満足度を尋ねた結果、「満足した」と回答した人の割合は「日本のポップカルチャーを楽しむ」「日本の日常生活体験」(ともに 88.8%)、「日本の歴史・伝統文化体験」(86.7%)、「日本食を食べること」(86.5%)の順で多かった。

今回の日本滞在中にしたことの満足度は、すべて日本の文化に起因するものです。airnbではその日本文化にもっともふれやすい宿泊形態をとているため、
airbnbが今後も訪日外国人から注目されることは間違いありません。

まとめ

今回の稼ぐためのairbnbセミナーでは、外国人ゲストの行動パターンをデータに基づきお伝えしました。ゲストの行動ニーズを把握することで、あたなのリスティングや部屋の中でゲストに対して提供できる情報はもっと増えるでしょう。それがゲストの満足度に反映することは確かです。

今回の稼ぐためのairbnbホストセミナー内容をよく読んでいただければ、ゲストのニーズはわかっていただけたと思います。もし、あなたのリスティングや部屋の中でゲストのニーズに沿っていないものがあれば、すぐにゲストが欲しがる情報に変えてください。稼ぐためにはちょっとした情報提供でゲストの満足度を上げることが必要です。

※観光庁資料より
※調査対象者:日本を出国する訪日外国人。ただし、1 年以上の滞在者、「永住者」「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「定住者」など日本に居住している人、日本に入国しないトランジット客、乗員を除く。
※調査場所:日本空海港の国際線ターミナル搭乗待合ロビー














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。