政府が新法を制定予定。airbnbでもトラブル対応義務化




「住宅の空き部屋を宿泊施設として使う民泊の普及に向け政府が検討する新法の骨格が分かった。管理業者を登録制とし、近隣住民との間でトラブルが起きた場合の対応を義務付ける。問題を放置した場合は営業を禁じる。責任の所在と問題への対応を明確にする一方、住宅地での民泊や短期の宿泊も認めるなど営業の要件を緩める。訪日客急増による大都市のホテル不足〔中略〕に対応する。」

日本経済新聞より

みなさん、この記事をご覧になりましたか?

国土交通省や厚生労働省の有識者会議で法案を詰め、2017年の通常国会への提出を目指すということですが、

まずはわかりやすく新法の概要をご説明します。

今後の訪日観光客や東京オリンピックを見据えて、行政は宿泊先不足を危惧し民泊の重要性を認めています。そして行政は、旅館業法を適用外としながら、民泊(airbnb)運営で起こるトラブルに対し民泊業者が対処する義務を課す予定です。

以下に要点を箇条書きでまとめましたので、ご参照ください。

新法の概要

・民泊を促進させつつも、トラブル強化を計る
・airbnbは実際に物件を管理していないので、新法の対象にならない
・マンション等で行われる民泊は、旅館ではなく住宅と定義される(フロントが不要)
・民泊業者は登録制になる(ホスト、または、実際に物件の管理を行う宅建業者や旅館業者)
・トラブルを放置すれば登録が抹消され、営業不可となる
・ゲストの本人確認、鍵を管理すること、廃棄物の出し方などの義務化
・「夜間うるさい」「ゴミ出しのルールを無視する」などのクレームに対し業者は対応責任を負う
・業者人員にトラブル対応の研修が要求される
・業者は賠償保険への加入が要求され、ゲストがマンションの共有設備などを破損した場合はそれを補償する
・1泊から宿泊が可能になる

まとめ

新法について、行政の管理下でairbnb(民泊)を行うことに少々残念に思える部分もありますが、大田区のような宿泊日数が6泊以上というような現実的でない規定を外すことに関しては喜ばしいことだと思います。

2017年の新法制定まで、政府にはさらにairbnb(民泊)が運営しやすい環境を整えて頂きたいです。

新法ではトラブル解決が重要になりますので、ホストの方は事前にトラブル対策を考えた方がいいですね。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。