【airbnbインテリア講座】Airbnbホストの部屋作り 〜5つの基本ルール〜




本日のテーマは、部屋作りの5つのルールです。

私もそうですが、結構インテリアについて知識がある人って少ないものです。

インテリアのなにから決めて、どのように選択・配置していくか曖昧なまま

家具の選定に入ってしまっていました。

なので、今回はわかりやすい部屋作りの5つの基本についてチェックしていきます。

部屋作りをはじめる前に知っておきたい知識を集めました。

Airbnbを使う外国人ゲストが喜んでまた来たくなるような

そんなリラックスできてオシャレでいつもきれいなお部屋にしましょう!

airbnbでは、なぜきれいでオシャレな部屋が必要なのか?

airbnbを使う外国人ゲストは、大体ホストのこんなところを見ています。

・ホスト物件の立地
・ホスト物件のインテリア写真
・ホスト物件の清潔さ
・ホストの対応

airbnbを利用する外国人ゲストは、立地、インテリア、清潔さ、対応のかなり重視します。

どれかが欠けると物件の集客力が減少します。

すなわち、赤字物件になりうる訳です。

たとえば、とても立地がよく対応もいいが、部屋のインテリアが汚いとゲストは来ません。

また、実際にゲストが部屋を訪れたとき、清潔さが損なわれていれば

即刻悪いレビューが書かれるでしょう。

そうなれば、次回からの集客にひびきます。

なのでairbnbで提供する部屋は、必ずきれいでオシャレな部屋にしましょう。

(1)部屋のスタイルを決める

部屋作りでは、まず最初に自分の部屋の基準となるインテリアスタイルを決めることが第一です。

部屋は内装や家具、家電はもちろん、細かな雑貨や日用品など多くの要素が積み重なってできています。

さまざまなデザインの選択肢が出てきてしまうので、基準となる自分のインテリアスタイルを決める必要があるんです。

(2)宿泊人数構成を考える

airbnbで迎えるゲストの人数を考え、部屋にはどんな機能が必要か確認してみましょう。

そうすれば、どんな家具をどのように配置すればいいのかがわかってくるはずです。

基本的に、住まいは毎日の暮らしに必要なものが必要な場所に使いやすくきれいに配置されるべきです。

そして、旅で疲れたゲストを迎えるために、

落ち着けてリラックスできるようなデザインや材質、カラーなどをチョイスしていきましょう。

(3)コーディネートを重視する

よくファッションでもブランドものを着飾って、バランスが悪い人がいますよね?

部屋のインテリアも同じで、いくらブランドものの家具や装飾品でもバランスが悪ければ台無しです。

内装や家具、照明やカーテンなどの単体のデザインを優先するより

その部屋の中でいかに組み合わせを考えるかがキーポイントになります。

全体のバランスを考え、コーディネートすることが大事です。

家具のサイズ感も大事です。

キングサイズのおしゃれなベッドでも、

その部屋には大きすぎて、掃除もできない状況では良さがでません。

インテリアでは、立体感が重要です。

広さを平面でとらえるより、ボリューム感でとらえてください。

窮屈な部屋では圧迫感がでないように、天井が高く広い部屋では存在感のある家具を置いて

うまく空間を生かすようにしましょう。

また部屋の空間は、カラーによっても広さに影響するのでカラーバランスを考えることも大切です。

(4)暮らしやすさ、耐久性を考える

airbnbでは多くの人が部屋に泊まります。

なのであまりに安い家具を買うと、すぐに汚れたり、傷ついたり、または壊れてしまい後々耐久性のある家具を買い直すことになります。

そのようなことにならないために、材質や耐久性を考慮しましょう。

また、掃除のしやすさも考えて家具の配置をしましょう。

(5)予算が少ないときは、優先順位を大切に

予算がなく、中途半端なものしか買えない場合は優先順位をつけて買物をしてください。

ぜったいにすべてを中途半端なものにしないでください。

部屋全体が陳腐になります。

こだわりがあるものとないものとで分けた方がairbnbの写真も栄えますので、

コストを抑えるものは抑え、コストをかけるものはかけてください。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。