airbnb許可物件(転貸、又貸し可能物件)を仕入れる厳しさ・・・




こんばんわ。斎藤守です。

本日はairbnb許可物件(転貸、又貸し可能物件)についてお話します。

現在、airbnbブログではairbnb許可物件のご紹介をさせて頂いております。

しかしながら、一般の賃貸不動産のようにズラーっと多くの物件を掲載したいのですがそうもいきません。

airbnb許可物件を仕入れることはなかなか難しいんです。

airbnb許可物件とは?

airbnb許可物件とは、「転貸」「又貸し」可能物件のことを言います。

例を言うと、賃貸で借りている物件を他の人に貸してもいいよという契約物件のことです。

え?これってだめなの?って思う方もいるかもしれないので一応ご説明すると、

基本的に賃貸借契約では、転貸は不可と記載があります。

なので又貸しをした場合、契約違反となります。

バレたら即退去、何らかの請求がされる場合もあります。

なので、今のホストさんの多くは安心してairbnbを運営するためにairbnb許可物件を欲しがります。

airbnb許可物件になると、契約書には転貸可能の主旨の文言がありますので安心して運営をすることができます。

仕入れるのが難しい転貸可能物件

なのでairbnbブログでは、ホストの方に安心してairbnb物件を運営してもらうために、

airbnb許可物件をご紹介しています。(airbnb許可物件をご覧になりたい方は一番上の《airbnb可能物件特集はこちら》をクリックして下さい。)

しかし、airbnb許可物件を仕入れるのが大変なんです。

オーナー様や、管理会社様をうんと言わせなければならないので、なかなか大変な作業です。

オーナー様の中には外国人を嫌う人もいますので、そこを理解して頂く必要があります。

やっとこさ仕入れることができた物件を現在ご紹介しているんです。

需要と供給

今のairbnb許可物件の需要と供給をお話すると、

需要が圧倒的に多いです。

なぜかというと、ご紹介する物件はほぼすぐ契約に至るからです。

本当にすぐに契約です。

中には内見をせず、物件確保のためにご紹介した情報だけで仮契約を結ぶ方も少なくありません。

それだけ、airbnb許可物件でairbnbを運営することが重要だと言うことです。

まとめ

今後もより多くのairbnb許可物件をご紹介します。

みなさんが安心してairbnbを運営できるよう私共も一生懸命に仕入れを行います。

今後とも宜しくお願いします。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。