問題が大きくなりすぎないうちにairbnbに仲裁を依頼しよう! 最終的なリスクヘッジ策




trouble

airbnbは宿泊業ビジネスです。

ビジネスにはトラブルはつきものですよね。

ホストのみなさんはすでにトラブルに出会っているか、未だトラブルに出会ってなければ今後トラブルが必ず訪れます。

では、実際ホストとゲスト同士のトラブルをどのように解決するのでしょうか。

基本的に、まずは当の本人同士が直接話し合い解決まで行うのが一番ですが、ややこしいトラブルはそうも言ってられません。

そのときのためにairbnbは、問題解決センターというサービス機能を作っています。

利用方法は、次のような場合にサービスを受けることができます。

◯ 先にトラブル案件の話し合いをはじめた方のホストまたはゲストから72時間経っても返事が来ない。

◯ 両者の話し合いで解決ができない。

◯ airbnbによって最終判断をくだして欲しい。

◯ 当のホストまたはゲストとやり取りをしたくない。

上記のような場合には、問題解決センターを利用することができます。

また、一度airbnbの判断に委ねた場合、airbnbの判断を受け入れなければなりませんのでご注意ください。

できることならトラブルは避けたいですが、

最悪のケースを考えることも必要ですね。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。