チェックインはどうする?鍵はどうやって渡す? airbnb運営ノウハウはこれ!




hotel_occupancy

基本的にチェックイン、チェックアウト、鍵の受け渡しはairbnbの中ではフォローできない部分です。

なので、ホストとゲストがその取り決めを行います。

では、どうやってチェックイン、チェックアウト、鍵の受け渡しをゲストに伝えるのでしょうか。

まずは、下記を参考にしてみてください。

連絡先の交換をしましょう

ゲストがチェックインをする前に、あらかじめチェックイン、鍵の受け渡し、チェックアウトの方法を伝えましょう。

ゲストとホストは、airbnbのメッセージシステムを使って情報交換ができますので、これを使いましょう。

また、いくら説明してもイレギュラーな事態は起こるもの。

なので、すぐに連絡がとれる連絡先も交換しましょう。

予約について詰めておこう

ホストの予約承認が終わり、ゲストは旅程表を見て、チェックインやチェックアウトの時間、リスティングの住所、ホストの連絡先、領収書などの宿泊詳細を確認します。

リスティングページの紹介欄にチェックインやチェックアウト時間が載っていなければ、

デフォルトでチェックインは現地時間の午後3時、チェックアウトは同12時という決まりです。

ホストは先ほど言いましたが、ゲストに対し確認メールをします。(airbnbメッセージ機能で)

そこで改めてチェックイン、チェックアウト、鍵の受け渡し、別連絡先、フライトナンバーなどを確認します。

ここでいう鍵の受け渡しですが、いろいろな方法があるので後程説明します。

あと、出張の際の領収書やビザ申請で使う領収書に具体的な名目を記載もできますので、ゲストに伝えておくと親切でしょう。

フライト状況の確認

ゲストは外国人ですので、ほとんどが飛行機で日本に来ます。

飛行機は、着陸時間が往々にして遅れる場合があります。

なので、あらかじめairbnbメッセージ機能でフライトナンバーを確認して、フライト状況を把握しましょう。

夜便フライトでやってくる外国人は、飛行機の時間が遅れると電車やバスの乗車時間に関わってきますので、あらかじめ確認する必要があります。

鍵の受け渡し方

ホストのみなさんの鍵の受け渡し方は、いろいろあります。

ポストで鍵の受け渡しを行う場合や、自分で手渡しで行う場合、外注管理人に受け渡しを行ってもらう場合とさまざまです。

それぞれに、メリットとデメリットがあります。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。