2016年訪日プロモーション方針が決定!訪日人数・休暇シーズン・訪日ルートを分析





年間を通し訪日観光客を増やすため、観光庁は2016年の訪日プロモーション方針を決定しました。

具体的には以下の通りです。

・東アジアでは、訪日閑散期の底上げを行い、年間を通じた訪日を促進します。
・東南アジアでは訪日旅行の定着を目指し、各市場の訪日客数の多い時期に向けた訪日を促 進します。
・英国、フランス、ドイツでは、年間を通じて休暇が取得しやすい市場のため、ロングホー ル(長距離)の旅行先として競合する国・地域と比較して、価格競争力のある割安な閑散期への訪日を促進します。

国別に休暇シーズンや文化、訪日経路など、分析内容を公開していますので、ぜひ今後のairbnbマーケティングの参考にしてください。また、昨年2015年の国別訪日人数にも注目してください。

国別訪日プロモーション方針

全体的には、「明日の日本を支える観光ビジョン」等を踏まえ、年間を通じた訪日需要の創出、更なる地方への誘客・地方での旅行消費拡大を強力に推進するため、これまで以上に戦略的な政策誘導の重要性を強く意識したプロモーションを展開します

具体的には、地方空港へのLCC等の新規就航や消費税免税制度の拡充と合わせたプロモーションを実施。特に東北地方については、日本初となる全世界を対象としたデスティネーション・キャンペーンを実施します。また、欧米豪を対象とした歴史・文化をテーマとするプロモーション、富裕層をターゲットとした日本ブランドイメージの確立、訪日教育旅行の拡大等の取組みも強化します。
 
 

韓国 (2015年実績:400万人)

【主要ターゲット層】
①20~30歳代若者層②家族層③40~60歳代余裕層

地方空港への直行便の多さを活かして、日本各地の魅力の発信を行うとともに、日本側の閑散期である1月~2月に旅行シーズンを迎えるターゲット層については、その時期を中心に訪日需要の促進を図る。

また、昨年度に引き続きプロモーションの重点地域として中国、四国地方を設定し、韓国からの観光客が少ない地域の底上げを図る。
 
 

中国 (2015年実績:499万人)

【主要ターゲット層】
① 30~40歳代家族層② 20~30歳代女性③ 教育旅行

北京・上海・広州では、個人旅行者に向けて「個人の趣向に合った日本の魅力」を訴求し、北京・上海、広州を除く重点都市においては、団体ツアー(クルーズ含む)向けに日本食、温泉、四季、ショッピングなど「日本の代表的魅力」の情報発信を行う。

プロモーションは比較的訪日客が少ない時期(5月~6月、10月~12月)を中心とし、地方誘客強化の一環として引き続き九州プロモーションを重点的に実施するとともに、東北プロモーションも行う。同時に、旅行の質の向上にも力を入れ、訪日旅行市場の持続可能な成長を目指す。
 
 

台湾 (2015年実績:368万人)

【主要ターゲット層】
①20~30歳代若者層(個人旅行)②40~50歳代家族層(団体旅行、個人旅行)③教育旅行

更なる地方分散化を図るため、東北、中国、四国地方を重点地域としてプロモーションを行うとともに、訪日需要が比較的少ない冬季の底上げを図り、訪日回数が多く、日本の旅に慣れた旅行者に新たな魅力を発信し、地方への誘客を促進する。

また、個人旅行向けに交通パスを活用した旅行スタイルをPRするとともに、教育旅行層への働きかけを強化する。
 
 

香港 (2015年実績:152万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代女性(個人旅行・リピーター層)②20歳代男女(初訪日層)③ウェディングツーリズム

リラックスや癒しの旅をコンセプトに、30~40歳代の女性向けに「高級旅館」や「美しい自然景観」等のテーマで、四国・中国、昇龍道、北海道(主に道東・道南)を重点的に訴求する。

ハイシーズンである7月中旬~8月末、12月下旬のほか、10月~12月上旬、1月~3月(旧正月を除く)の閑散期にも積極的な情報発信を行う。

また、航空会社の新規直行便就航・利用促進を支援し、地方への誘客を加速させる。東京・大阪に集中しがちな20歳代の初訪日層向けには「ご当地グルメ」や「日本の四季」等を中心に、東京・大阪の周辺地域を訴求するプロモーションを行う。ウェディングツーリズムについても引き続き、訪日シェアの拡大を図る。
 
 

タイ (2015年実績:80万人)

【主要ターゲット層】
①首都圏在住の富裕層(主に個人旅行、リピーター層)②首都圏在住の中間所得層③地方在住の富裕層~中間層(主に団体旅行、初訪日)

ビザ免除(2013年7月)を契機として拡大した訪日観光をより深化させるため、LCCを利用した訪日旅行のプロモーションを強化し、地方分散(更なるリピーター確保)の促進に取り組む。

北陸・信越、中国地域を中心に地方の魅力を訴求することで、新たな観光地を発掘し、日本=質の高い観光地としてのイメージ定着を目指す。プロモーションはタイ正月(4月)、秋季休暇(10月)や、年末等休暇(12月)を中心に展開する。
 
 

シンガポール (2015年実績:31万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代家族層②20~30歳代友人層③教育旅行

ゴールデンルートや人気の北海道に次ぐ地域として、直行便が就航している中部や福岡を起点としたプロモーションを引き続き展開する。

海外旅行シーズンである11月中旬~12月末及び5月下旬~6月下旬に向け、最大ボリューム層である30~40歳代家族層に向けては団体ツアーを念頭に新たな旅行商品造成や、現地における販売支援に取り組む。

また、 20~30歳代友人層(女性友達同士やカップルなど)に対しては、気軽に楽しめる日本の魅力を訴求する。さらに、2016年は日本・シンガポール国交樹立50周年であることから、在シンガポール日本大使館やシンガポール政府観光局との連携について検討する。
 
 

マレーシア (2015年実績:31万人)

【主要ターゲット層】
①中華系家族層(団体旅行)、若者層(個人旅行)②ムスリム層③教育旅行

マレーシアにおける海外旅行のピークシーズンである11月末~12月末に向け、日本の冬の魅力を訴求するとともに、訪日シーズンである3月下旬~4月における春の魅力を訴求する。

また、2015年10月1日からエアアジアの直行便が就航する北海道を中心に、地方への誘客拡大を図る。同国人口の6割を占めるものの、中華系に比べてまだ訪日旅行が一般的でないムスリムに対しては、食事や礼拝環境などの情報を積極的に発信し、安心して観光できる国であることをPRする。
 
 

インドネシア (2015年実績:21万人)

【主要ターゲット層】
①ジャカルタ・スラバヤ・メダン在住の富裕・余裕家族層②ジャカルタ在住の20~30歳代若者層

前年度に引き続き、海外旅行シーズンである学校休暇やレバラン休暇時期(12月下旬、6月中旬~7月中旬)をターゲットとした訪日需要喚起を行う。

また、同国内で比較的認知度の高い中部や北海道など、地方の魅力を訴求するとともに、地方都市における訪日需要の掘り起こしや、食事・礼拝環境に関するムスリム向け情報発信を継続する。
 
 

フィリピン (2015年実績:27万人)

【主要ターゲット層】
①マニラ首都圏・セブ在住の富裕層・中間所得層②20歳代若者層

主要市場であるマニラ首都圏にて集中的にプロモーションを行うほか、直行便が増加しているセブでのプロモーションも引き続き展開する。

最大のハイシーズンであるイースター休暇の前後(3月、4月)と第2のハイシーズンである12月をターゲットに、人気のある東京・大阪(各々の周辺地域への宿泊を促進)に加え、直行便の飛ぶ九州や旅行先として注目が集まる北海道等への送客を図る。
 
 

ベトナム (2015年実績:19万人)

【主要ターゲット層】
①富裕層・中間所得層 ②20歳代若者層

訪日旅行市場の拡大に伴い、人気コンテンツ(桜・夏季の花・紅葉・雪など)を活用して、訪日のピークである4月、10月に加え、ベトナムの旅行シーズンである1月~2月の旧正月(テト)にも訪日需要を創出すべくプロモーションを行う。

また、最大市場のハノイ・ホーチミンに加え、日本への直行便があるダナンにおけるプロモーションも引き続き強化していくとともに、現在、主要訪問地となっている東京、大阪、ゴールデンルート以外(中部、九州等)へもツアー造成を促進させ、地方送客を図る。
 
 

インド (2015年実績:10万人)

【主要ターゲット層】
デリーやムンバイなどの大都市圏在住の富裕層

主な海外旅行者層であるデリーやムンバイなどの大都市圏在住の富裕層にターゲットを絞って、海外旅行のピークである4月~6月の学校休暇、9月~11月の新年祭時期の需要喚起を中心にプロモーションを行う。

インドではまだ海外旅行が一般的ではなく、旅行地としての日本の認知度が低いため、まずはゴールデンルートに集中してプロモーションを行う。それに加え、インド国内で知名度の高い広島など、地方の魅力発信にも取り組む。
 
 

オーストラリア (2015年実績:38万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代家族層②ウィンタースポーツ層③50~60歳代余裕層④教育旅行

2015年8月よりシドニー=成田便(カンタス航空)、12月よりシドニー=羽田便(ANA)が就航し、日本へのアクセスが良くなり、1日に移動できる範囲が広くなったことから、長距離旅行を好む傾向にある豪州からの旅行者を、既に人気の広島からアウトドア体験が豊富な瀬戸内等や、新幹線を利用して北信越へ誘客する。

また、主な訪日シーズンである桜シーズン、春期休暇の時期(9月~10月)に向けたプロモーションを継続的に行い、スキーシーズンにおいては、日本各地のスノーリゾート(北海道、長野、新潟、東北等)のプロモーションを強化する。
 
 

アメリカ (2015年実績:103万人)

【主要ターゲット層】
①富裕層・中間所得層②アジア系エスニック層③SIT(スペシャル・インタレスト・ツアー)層

2015年の訪日米国人が100万人を突破し、米国内での日本に対する注目度が上がっていることを追い風に、更なる訪日を促進するため、主な旅行シーズンである桜シーズン及び夏期休暇に向けたプロモーションを強化するとともに、ウィンタースポーツ層を中心に閑散期である冬期の需要喚起を行う。

また、2016年3月に関西=ニューヨーク便が新規就航するのに合わせ、関西や瀬戸内等の地方の露出を高める。
 
 

カナダ (2015年実績:23万人)

【主要ターゲット層】
①トロント・バンクーバー都市圏在住の中間・高所得層(英語圏)②モントリオール都市圏在住の中間・高所得層(フランス語圏)

日本の歴史・文化体験を打ち出すとともに、新幹線を利用した北陸及び北海道・北東北地域の誘客を強化し、カナダの訪日シーズンである桜及び紅葉の時期に対するプロモーションを継続的に行う。

また、冬期(12月~2月)における、スキーを中心とした訪日需要を拡大する。更に、訪日旅行商品の取り扱いが少ないモントリオール都市圏における訪日旅行商品の造成・販売支援を中心としたプロモーションに継続的に取り組む。
 
 

イギリス (2015年実績:26万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代個人旅行層②50~60歳代高所得者層③ウィンタースポーツ層

英国において最も海外旅行の計画・予約がなされる時期である1月~4月に向けて露出を増やし、訪日旅行意欲を喚起することで、訪日客数が比較的少ない5月~6月及び12月~2月の訪日需要の底上げを狙う。

併せて、ウィンタースポーツ層に向けたプロモーションを継続して展開し、冬季の北海道・長野などといったスノーリゾート地への訪問を促進する。また、直行便が限られていることから経由便の活用を積極的に行う。
 
 

フランス (2015年実績:21万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代個人旅行層②50~60歳代グループ層③ポップカルチャー愛好層

人気のあるゴールデンルートや広島を中心に、フランスにおいて主に海外旅行の計画・予約を行う1月から3月に向けて、航空会社との共同広告等、主な旅行形態である海外個人旅行(FIT)層に向けたプロモーションを行い、閑散期と呼ばれる6月及び11月~2月の訪日需要の底上げを図る。

さらに、パリだけでなく、リヨンなどの地方都市の旅行博出展やメディアへの露出を通じて、フランス地方部からの訪日客の取り込みを強化する。
 
 

ドイツ (2015年実績:16万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代個人旅行層②50~60歳代団体旅行層

人気のあるゴールデンルートや広島を中心に、ドイツにおいて主に海外旅行の計画・予約を行う時期である1月から3月に向けて、集中的に露出を増やす。

また、インターネット上だけで取引を行う旅行会社(OTA)や航空会社との共同広告等、主な旅行形態である海外個人旅行(FIT)層に向けたプロモーションを行い、閑散期と呼ばれる5月~6月及び12月~2月の訪日需要の底上げを図る。さらに、ドイツ人の関心が高いアウトドアアクティビティ等を素材としたプロモーションを実施し、旅行目的地としての日本の認知度を高める。
 
 

ロシア (2015年実績:5万人)

【主要ターゲット層】
①中央ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルグ)在住20~40歳代富裕層 ②極東ロシア(ウラジオストク、ハバロフスク)在住20~40歳代富裕層

2014年のウクライナ情勢をめぐる経済制裁、為替レートの影響により、外国旅行者数が伸び悩んでいる市場。中央ロシアにおいては、景気の影響を受けにくい富裕層に対して、3月末~4月(桜)や10月~11月(紅葉)をターゲットとした訪日旅行商品の販売促進を図る。

また、極東ロシアにおいては、 7月~8月(夏) のチャーターのハイシーズンを狙ったプロモーションを行う。
 
 

イタリア (2015年実績:10万人)

【主要ターゲット層】
30~40歳代個人旅行層

新規訪日旅行者獲得のため、人気の高い桜(3月~4月)や紅葉(10月~11月)の時期に向け、ゴールデンルート及び広島を中心にPRを行い訪日需要を喚起する。

また、2015年開催のミラノ万博において人気を博した「日本食」のプロモーションを強化するとともに、2016年の日伊修好通商条約150周年の機会を捉えたプロモーションを検討する。
 
 

スペイン (2015年実績:8万人)

【主要ターゲット層】
①30~40歳代個人旅行層

新規訪日旅行者獲得のため、ゴールデンルート及びスペイン国内で知名度の高い広島などを中心にPRを行い、人気の高い桜(3月~4月)や紅葉(10月~11月)の時期の訪日需要を喚起する。

またWEBを通じた情報発信・旅行代理店教育などを行い、旅行先としての認知度向上を図る。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。