airbnb(民泊)の清掃におけるトラブル事例まとめ




Airbnbのリスティングを上手に運用し、安定的に稼動させるために重要なことの一つに、お部屋の清掃が挙げられます。お部屋の清掃は、メール対応の質と同様にゲストの満足度に大いに影響します。

airbnbを開始したばかりのときは、自分自身で清掃を行おうと考えていたものの、思うように十分な時間や労力を割くことが難しいホストの方も多いようです。

昨今、清掃代行のサービスを利用するホストの方が増え、同時に清掃を請け負う業者も急増しました。そのため、ニーズにあった業者を探すことができ、選択肢の幅が広がりました。

しかし、その一方で清掃業者や個人で清掃を請け負っている方々との多くの問題が発生していることも事実です。

airbnbの清掃にかかわるトラブル事例

融通が利き、急な対応も可能で、安価で請け負ってくれる個人または少数で清掃を行っている業者に依頼をしたところ、清掃可能との事だったが当日連絡もなく清掃に来てもらえなかった。

ある清掃会社に清掃の依頼をしたが、担当者に伝えた情報の連携がまったくなされておらずトラブルが起きた。それにより、提携関係のない他社への委託や派遣会社への依頼で清掃員を確保することや、教育期間も設けず口頭での説明で単発のアルバイトスタッフを清掃に向かわせているなどのずさんな現状が浮き彫りにされた。

清掃完了を部屋の写真で報告という点に魅力を感じ清掃の依頼をしたが、実際には写真では正確に清掃状況を確認することは難しかった。さらに、ある業者では数パターンの写真の取りだめを予めしていて、それらを完了報告時に使いまわしていることがわかり落胆した。写真の報告こそを利点と考えることは、危険な場合があることがわかった。

清掃依頼等も簡単に予約できる自動予約システムに惹かれ、ある清掃会社に登録した。実際、清掃会社とのコミュニケーションが希薄であり不安になった。その上、清掃中に近隣住人と何らかの重要な会話のやり取りがあった場合や建物内で何か問題があったときなど、細かい報告等をしてもらえず、後に大きなトラブルに発展した。都度、報告してもらえれば未然に防ぐことができたものもあった。

 
 
取材を通し上記以外にも様々な問題を耳にしましたが、個人で清掃を請け負っている方や、清掃業のみならず民泊関連の様々なサービス業務を一手に引き受けている会社とのトラブルは比較的多く感じられました。

後者に関しては、様々なサービスを委託先に任せ会社自体の注視が行き届いていないこと、さらに清掃からゲスト対応、部屋の管理まですべての部屋の運用を任せてしまうことでホスト自身が部屋に深く関わらないこともあり、その結果ずさんな体制にされてしまっている事が背景にあるようです。

では、「いったいどんな清掃業者を選べばいいの」という声が多く寄せられます。やはり、何より安心して清掃を任せられる清掃業者を選ぶことが大切ですよね。

そんなあなたのためにおすすめの清掃業者をリストアップしましたので、ご覧ください。

【東京編】airbnb(民泊)おすすめ清掃業者比較まとめ
【京都・大阪編】airbnb(民泊)おすすめ清掃業者の比較まとめ














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。