ゲストは日本で何に満足をするのか? −[稼ぐためのairbnbホストセミナー]





潜在的に人が欲しいものを上手く提供することがマーケティングにおいて大切だということはみなさんも知っていることでしょう。

だとしたら、あなたの部屋に泊まりにくる外国人ゲストは何を求め、何に満足しているかを把握していますか?

より具体的なデータに基づき、今回は訪日観光客の満足度についてお伝えしていきます。

訪日旅行全体の満足度(国籍・地域別)

今回の訪日旅行全体の満足度は「大変満足」47.8%、「満足」44.8%。両方足す92.6%とかなりの満足度と言えます。

国籍・地域別では、英国で「大変満足」の割合が 87.6%と他の国と比べて高いことが言えます。

反対に訪日観光客数が多い分類である近隣諸国の韓国、中国、台湾、香港は、「大変満足」の数値が低い。

上記を踏まえると、レビューで☆をたくさんつけてくれるなら英国と言えますね。反対に韓国、中国、台湾、香港は訪日韓国客数は多いけれど、あまり☆を期待しない方がいいかもしれません。

日本への再訪意向(国籍・地域別)

日本への再訪意向では、「必ず来たい」が 57.9%、「来たい」が 35.4%。

国籍・地域別では、フィリピンや英国、カナダで「必ず来たい」の割合が 7 割以上と高い。

反対に、韓国は一番低く34.5%。

このデータを見ると、評価してくれる韓国人ゲストには注意が必要になりそうです。

最も満足した購入商品(主要国籍・地域別)

今回の日本滞在中に購入した商品やサービスのうち、最も満足したものを自由回答形式で尋ねました。

最も満足した購入商品の割合を国籍・地域別にみると、韓国は「菓子類」(21.5%)、台湾、香港は「服・かばん・靴」(それぞれ 20.0%、32.9%)、中国は「化粧品・香水」(19.8%)、米国は「和服・民芸品」(24.5%)の割合が高い。

airbnbホストのみなさんのお部屋にも、韓国、台湾、香港、中国、米国人ゲストが多く泊まることでしょう。その時に泊まるゲストがどこの国なのかを把握しながら、お部屋にお菓子や、ファッション雑誌、美容雑誌、民芸品などを置いておくとより満足度は上がります。

最も満足した購入商品についてその理由(全国籍・地域)

満足した理由(自由回答形式)を11 区分に分類し、商品区分毎に集計した結果を図表に示します。

「医薬品・健康グッズ・トイレタリー」では「品質が良いから」とする回答が68.0%と高い。

一方、「化粧品・香水」では「品質が良いから」に加え、「価格が手頃・自国より安いから」とする回答も多くみられました。

「たばこ」や「服・かばん・靴」でも「価格が手頃・自国より安いから」とする回答が多い。

日本は他国に比べても、品質や信頼性に重点を置いている国です。さらに円安の状況も加えると、品質、信頼性、価格が見合う商品が購入商品として挙げられています。

もちろん、美味しいやデザインがいいなどの視覚や味覚に訴えた商品が満足されるのは当然ですが。

最も満足した飲食(主要国籍・地域別)

最も満足した購入商品と同様に、今回の日本滞在中の飲食で最も満足したものを自由回答形式で尋ねました。

最も満足した飲食の割合を国籍・地域別にみると、韓国と米国は「寿司」(それぞれ 23.1%、26.8%)、台湾は「ラーメン」(27.3%)、香港は「肉料理」(23.6%)、中国は「魚料理」(24.0%)の割合が高い。

あなたなりに、飲食ランキングを作って部屋に置いてはどうだろうか。たとえば、すしのおすすめ店は久兵衛とか。また、ゲストに美味しかったお店の口コミを毎回尋ねるのもいいでしょう。次に来るゲストもそのリアルな口コミを見て満足することは間違いありません。

最も満足した飲食についてその理由(全国籍・地域)

満足した理由(自由回答形式)を14 区分に分類し、飲食区分毎に集計を行った結果を図表に示しました。

いずれの飲食区分でも「美味しい」が圧倒的に多いですが、その他の理由では「寿司」や「魚料理」で「品質が良い(新鮮など)」の割合が高い。

「小麦粉料理」では「珍しい・新しい」とする回答もみられました。

まとめ

今までのホストは、ただ外国人ゲストを泊めるだけでもそれなりのレビューをもらえてて稼ぐことが出来ていたでしょう。しかし今後はホストの数が増え、良質なレビューが競合ホストとの差別化を生みます。部屋の口コミや評判が今後の売上や稼ぎ、儲けを大きく左右することになります。

運営代行や副業で片手間にやっているホストの方は、もっとホスピタリティに力を入れてairbnbの運営を行うべきでしょう。

民泊で大切なのは、いかにゲストの満足度を上げるかということを忘れてはなりません。

※観光庁資料より
※調査対象者:日本を出国する訪日外国人。ただし、1 年以上の滞在者、「永住者」「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「定住者」など日本に居住している人、日本に入国しないトランジット客、乗員を除く。
※調査場所:日本空海港の国際線ターミナル搭乗待合ロビー














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。