《データ分析》2月の訪日観光客数データ トップは韓国の498,900人(前年比38.9%)




1月、2月の閑散期を超えてみなさんは、少しホッとしているのではないでしょうか。

閑散期という意味では、昨年も今年もさほど変わりはなかったようです。

みなさんのお話しを聞いていても、稼働率は平均して40%前半〜後半までというような感じでした。ようやく冬が終ったという感じですね。

しかし、そんなしみったれたようなお話はここまでです。

ここでみなさんに朗報です。

日本政府観光局(JNTO)によりますと、2016年2月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)が前年同期比36.4%増の189.1万人となったようです。

これだけでは何のことかわからない方が多いと思いますので、わかりやすい図(travelvoice引用)にてご説明します。

訪日数グラフ

昨年の閑散期と今年の閑散期を比べると、今年の訪日観光客は昨年の訪日観光客より約50万人/月 多い結果となっています。

やはり今年も順調に訪日観光客は増えること間違い無いですね。

2月の国別訪日数データ

2月の国別訪日数でトップだったのは、498,900人(前年比38.9%)が訪れた中国です。次いで、490,800(前年比52.6%)の韓国。3位が台湾、4位が香港とやはり東南アジア勢が最も多く日本を訪れています。

まとめ

このように訪日観光客数は順調に伸びていっているのにも関わらず、今年の閑散期は稼働率が伸びませんでした。それだけairbnbホストの数が増えたと伺えます。

現状の稼働率が昨年同様とするならば、繁忙期に関しても稼働率は昨年並みに上がると予想できます。

昨年1年間で収支が良かった方が多いと思いますが、今年も同じような結果になるのではないでしょうか。期待も含めてですが。

あえて言うと、今後民泊が届け出、申告、許可制などになり民泊を行うのにひとつ壁ができると感じる方が多くなると思います。そうすると、airbnbホストの伸び率は低くなります。結果、訪日観光客の伸び率だけが伸び、自ずとairbnb運営している方の稼働率は上がっていくのではないでしょうか。これはあくまで予測ですが。

3月は桜やイースター休暇のシーズンです。すでに予約が先まで入っていることと思いますが、稼げるときに稼ぐのがビジネスの基本です。

みなさんもがんばってください。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。